先生

更年期障害を長引かせない対策法|正しい検査で的確対処

病気の治療や予防ができる

女性

都筑区の内科は、頭痛や寒気などといった、全身のさまざまな不調で気軽に受診することが出来ます。内科では詳しい検査をして、原因や病状を把握することができ、より専門性の高い病院へ紹介することもできます。内科で注射をするときには、アレルギー反応がないか気を付ける必要があります。

詳細を読む

閉経前後の体の異常には

看護師

病院で治療することが可能

更年期障害の対策は、医師に相談することが可能です。女性は閉経前後に女性ホルモンであるエストロゲンが減少することにより、体に様々な障害を引き起こします。これを更年期障害と呼び、ドラッグストアなどでも対策するためのサプリメントや漢方などが販売されています。ただ、症状が酷い場合やサプリメントや漢方を服用しても症状が治まらない場合などは医師に相談することが大切です。相談するのは、婦人科や内科などが一般的で、まずは検査をすることになります。検査方法も病院によって異なりますが、血液検査によるホルモン測定が一般的です。ホルモンの数値を知る事ができ、それからそれぞれに合った適切な治療を受けることができるのです。

薬が保険適用になる場合も

更年期障害の対策は病院で行う事をおすすめします。それは、治療薬などに保険が適用される場合があるということです。更年期障害の治療には漢方薬が使われることが多いのですが、一部を除き保険適用で処方されるため割安で治すことが出来るのです。ドラッグストアなどで処方箋無しで購入するよりも、リーズナブルな価格で購入することが可能なため、病院で治療するほうがお得なのです。また漢方薬だけでなく、病院では更年期障害対策として、ホルモン補充療法がおこなわれることがあります。足りなくなった女性ホルモンを補う治療方法で、薬にも様々な種類があります。どの薬も保険適用されるため、病院で治療を行うのが安全で安く改善することができるのです。

通いやすい施設を選ぶこと

女性

腎臓病になると血液がろ過できずに、老廃物を体外に排出できなくなります。そのため腎臓の機能が衰えている人は、定期的に透析を受ける必要があります。専門の施設はたくさんありますが、通いやすいことが一番大事です。障害などで通えない人は、送迎サービスのある施設を探すことになります。また送迎サービスの会社もあります。

詳細を読む

相談機関があります

医者

世田谷区で在宅医療を検討されている方は、世田谷区在宅医療電話相談センターへ相談して下さい。多くの事例と相談内容から、最善策のアドバイスや医療機関への連携もサポートしています。月曜日から土曜日までの午前9時から午後5時まで相談窓口を設けています。

詳細を読む